森林伐採について 本文へジャンプ
森林伐採による影響
木は地球温暖化や大気汚染の原因となる二酸化炭素や有害物質を吸収しています。
森林がへると、それらの吸収される量がへり、大気汚染や温暖化がいっそう進みます。
次に、沢山の動物が住む場所がなくなり生きていけなくなってしまうのです。
草食の動物達が生きていけなくなったら、当然肉食の動物もいきていけません。
そうなると当然私たち人間も食べるものが極端に減ってしまう可能性があります。
その他に、森林の木は土に根をはったり葉をしげらせて山をおおっています。
この木の力によって、山の土は雨がふってもくずれにくくなっています。
しかし、森林破壊がすすんで木がへると、土はかんたんに雨で流されてしまいます。
大雨時に山の土が流れたり、土砂くずれなどの災害の原因さらには、川や湧き水もなくなってしまうので、水不足になります。

一番の問題は、温暖化を緩和してくれる効果がある木を考えないで切ってしまう事が問題です。
今は自分の首を自分で絞めている状態と言えるでしょう。
これから先の未来の子供たちにも安心した綺麗な地球を残す為には、私たちの大きな使命だと思います。
もっともっと、森林が人間にとってに大切な役割をしているということを知らないといけません。